目のくま対策に就寝時間は大事

もともと肌が弱く、年がら年中どこかしら荒れているような肌質だった。
それに長年悩まされ、コンプレックスの一つだったために、世間で聞くような方法はすべて試した。
中でもよく聞いたのは就寝時間についてである。
10時~2時までの間は、肌のターンオーバーの時間。
この時間に肌を休めると、綺麗な肌になるのだという。

それを信じ、わたしは何か月も、やりたいことを我慢して10時には寝るように心がけた。
結果はどうか。全く変わらなかった。

そのおかげで絶望を通り越して怒りがわき、あてつけのように夜更かしをするようになったのを覚えている。
どうせ早く寝ても肌など綺麗になりはしないのだから、遅く寝ても何も変わりはしないだろう、せっかくやりたいことを我慢して早く寝たのに。と。
2時を過ぎて寝ることなど本当によくあったし、日によってはそれさえも超えることがあった。

そんな生活を続けていた、ある日の朝である。
もともと肌荒れはよくするタイプであったが、それにしても荒れすぎじゃないか。そう思ったのである。
それでも懲りずに夜更かしをする日々を続けていたら、いよいよもって荒れてきた。
慌てて睡眠時間を戻したら、徐々に落ち着いてきたからよかったが。

肌荒れと同時に、目の下も茶色っぽくなってくる。
きっと、茶クマと言われるものであると、ふと感じた。
やはり、目のくまの原因は睡眠不足にあるものである。

やはり10時~2時の間に睡眠をとることは大切なんだなということを学んだ経験であった。