カテゴリー別アーカイブ: 美容

目のくま対策に就寝時間は大事

もともと肌が弱く、年がら年中どこかしら荒れているような肌質だった。
それに長年悩まされ、コンプレックスの一つだったために、世間で聞くような方法はすべて試した。
中でもよく聞いたのは就寝時間についてである。
10時~2時までの間は、肌のターンオーバーの時間。
この時間に肌を休めると、綺麗な肌になるのだという。

それを信じ、わたしは何か月も、やりたいことを我慢して10時には寝るように心がけた。
結果はどうか。全く変わらなかった。

そのおかげで絶望を通り越して怒りがわき、あてつけのように夜更かしをするようになったのを覚えている。
どうせ早く寝ても肌など綺麗になりはしないのだから、遅く寝ても何も変わりはしないだろう、せっかくやりたいことを我慢して早く寝たのに。と。
2時を過ぎて寝ることなど本当によくあったし、日によってはそれさえも超えることがあった。

そんな生活を続けていた、ある日の朝である。
もともと肌荒れはよくするタイプであったが、それにしても荒れすぎじゃないか。そう思ったのである。
それでも懲りずに夜更かしをする日々を続けていたら、いよいよもって荒れてきた。
慌てて睡眠時間を戻したら、徐々に落ち着いてきたからよかったが。

肌荒れと同時に、目の下も茶色っぽくなってくる。
きっと、茶クマと言われるものであると、ふと感じた。
やはり、目のくまの原因は睡眠不足にあるものである。

やはり10時~2時の間に睡眠をとることは大切なんだなということを学んだ経験であった。

 

自己流ヘアーケア

子供のころ、サラサラだった髪も、気がつくとパサパサで、まっすぐだったはずなのに、癖が出てまとまらない髪になっていました。あまり気を使っていなかったので、お手入れの方法もわからず、髪を乾かすこともほとんどしていませんでした。
大人になり、周りの人と比べて髪が汚いことに気がつき、恥ずかしくなり、雑誌や美容院でお手入れの方法を聞いては試してみました。質のいいシャンプーやトリートメントを使うことはもちろん効果的でしょうが、私にはそんな余裕も無く、使い心地がいい程度のものを選んで、それで最大限に効果を出したいと思っています。

まずシャンプーのやり方から。シャンプーする前に髪をとかし、よくお湯で洗ってからシャンプーします。指の腹でマッサージするように洗い、櫛で溶かして泡を髪全体に広げる事で汚れを落とします。よく洗い流したら、コンディショナー。多めに使い、毛先は何度も毛並みに沿って馴染ませます。そのまましばらく置いて、よく流します。タオルでこすらないようにパンパンたたいて水気を切ります。そしてヘアオイルを毛先につけて、こちらも毛並みに沿って馴染ませます。そして根元からドライヤーでよく乾かします。

色々な方法を取り入れていくと、今ではこれほど多くの決まりができてしましました。
けれどお陰で、胸に届くくらいのロングヘアーでも毛先が痛むことなく、サラサラで保つことができました。
高価なものは使わなくても、丁寧に手入れをすると効果を出すことができるのだと自信を持ちました。